『マチェーテ・キルズ』(2013年、米)―45点。クソ映画化が加速したマチェーテ続編


『マチェーテ・キルズ』(2013年、米)―108min
監督:ロバート・ロドリゲス
脚本:カイル・ウォード
原案:ロバート・ロドリゲス、マルセル・ロドリゲス
原作:キャラクター創造 アルバロ・ロドリゲス
出演:ダニー・トレホ、ミシェル・ロドリゲス、ソフィア・ベルガラ、アンバー・ハード
アントニオ・バンデラス、キューバ・グッディング・ジュニア、ウォルトン・ゴギンズ
ウィリアム・サドラー、デミアン・ビチル、メル・ギブソン etc

【点数】 ★★★★☆☆☆☆☆/ 4.5点

「グラインドハウス」内のフェイク予告編から映画化を成し、前作は豪華キャストを集めて成功した、B級バイオレンス・アクションの続編。

主演、ダニー・トレホ、映画初出演となるレディー・ガガ、ミシェル・ロドリゲス、アントニオ・バンデラス、ジェシカ・アルバ、メル・ギブソン、カルロス・エステベスという超豪華共演で描き出す。

評判微妙だったので劇場ではなくレンタルで鑑賞したのだが・・・。

◎あらすじ
ある日、マチェーテのもとにアメリカ大統領から直々の依頼が来る。内容はメキシコのイカれた男“マッドマン”を抹殺してほしいというもの。しかし、マッドマンの心臓はワシントンに狙いを定めたミサイルと連動しており、心臓が止まると発射される仕組みになっていた。それを解除できるのは、世界一の武器商人ヴォズだけ。そのため、マッドマンを生きたままアメリカに連れて行くことに。しかし、そんなマチェーテとマッドマンを、懸賞金目当ての連中が次々と襲いかかってくる。

<allcinema>

クソ映画過ぎてビックリした。

2015-07-21_182331

2015-07-21_182450

大統領と世界滅亡への巨大な陰謀からはじまり、もはや宇宙かいっ!!w

メキシカンなノリで、ミッシェルロドリゲス姉さんは好きだし、トレホの動きが硬いが無敵っぷりなマチェーテの存在感は独特でキャラクターは面白いが・・・、

2015-07-21_182404

 

2015-07-21_182424

この役がレディーガガである意味ナシ。くそ配役もいいとこです。なんで本人出演オファーOKしたんやろ?

おっぱいマシンガン。これやりたいだけの、ネタやろ、これ。ぜんぜん強くないザコキャラだし。

2015-07-21_182500

はっきりいって、これだけいい面子を集めて、これだけクソでつまらない映画を作ってしまったなんて・・・歴史の残る、俳優の浪費じゃないかなと。

レディーガガだぜ?
メルギブソンだぜ?

こんだけの豪華キャストをよくここまで浪費したなと。日本で言うと、「IZO」みたいな。

退屈な上にクソ過ぎて笑えて来ましたが、ある意味ですごい俳優の浪費なので、友達と一緒にネタで見るにはいいかもね。

とりあえず、この映画の続編がこれ以上作られることはないだろうと断言せざるをえないレベルのクソ映画でした。ああ、映画館で見なくてよかった。

kojiroh

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中