『REC3/genesis』(2012年、スペイン)―7.5点。期待を盛大に裏切ったクソ映画版『REC』


『REC3/genesis』(2012年、スペイン)―80min
監督:パコ・プラサ
脚本:パコ・プラサ、ルイソ・ベルデホ
出演:ディエゴ・マルティム、レティシア・ドレラ etc

【点数】 ★★★★★★★☆☆/ 7.5点

POVゾンビ映画で旋風を巻き起こしたスペインの『REC』シリーズの最新作。
RECファンである筆者は劇場で見逃した本作を、早速新作レンタルで鑑賞した。

前作からの共同監督であるジャウマ・バラゲロが抜けて、パコ単独監督になってしまったので劣化しているのではないかと不安を感じていたが……、感想は一言、盛大に笑った。

●あらすじ
晴れて挙式の日を迎えたコルドとクララは幸せの絶頂にいた。しかし、感染すると人を襲う謎の伝染病に侵された新郎の叔父が発病し、披露宴の出席者を襲い始める。混乱のなか離ればなれになってしまった2人は、それぞれ愛する人と再会するため、感染し変わり果てた友人や親族に立ち向かうが……。<映画.comより引用>

単刀直入にいうと、すっげーくだらない!www
今までのシリアス前面で押していたRECシリーズは何だったの?w と突っ込みたくなるほど、本作はかなりやりたい放題。意表を突くというか裏切られた気分になるが、POVの制約を破って退けるという、もはや何が「REC」なの?(爆

冒頭から始まるRECの手法、POV。ああ、いつものRECだと思った。
FILMAXのカメラマンがいたり、結婚式風のお祝い映像が流れたり、なんだか微笑ましい気分にさせられ、この幸せな光景がどう破壊されるか、徐々に立つフラグにワクワクしつつも、見事に裏切られた。

とは言っても、その期待の裏切りっぷりが徹底していて面白い。
中途半端な裏切りではないのでむしろ従来のファンとしては楽しめた。1作、2作がデキがよかったので、3作目はどうなるかと思ったら、変則球をかましてきたという印象。一本取られましたという感じ。

パコ・プラザ監督は、RECのB級ゾンビ要素をほとんど担っていたのかもしれない。過去のゾンビ名作へのオマージュがひしひしと感じられる。


イヌにかまれた叔父、じわじわ立つ警報フラグ。幸せな披露宴が、瞬時にして殺戮の現場へと変貌する、この落差はお見事。

POV形式を盛大に破壊してのけたREC3であるが、そのヴィジュアルインパクトは素晴らしい。真っ白なウェディングドレスがどんどん血で染まる。最後は花嫁チェーンソーへ!

「私の日よ!!」
いやー、くだらない。「なんで逃げないで立ち向かっちゃうの?笑」と突っ込みどころ満載。超B級ゾンビ映画なんだが最高。『ブレインデッド』のパロディ? 『プラネットテラー』の片足マシンガンの女主人公に匹敵するインパクトがある。白人のスペイン美女がそんなめちゃくちゃなことになるとは、うーむ、上質なゾンビ映画だったREC1・2が、3で、B級クソゾンビ映画になった。なんとも微笑ましいじゃないか。

そしてサバイバルゾンビ映画としてはよくできた一本だと思う。最初のシーンの伏線が後になって繋がったり、ゲーム的な楽しさとハラハラ感があるのだ。

ゾンビ化した人々のグロテスクさは、POVを解除している本作ではインパクトが強い。

親友、母親がゾンビ化してゆき死んでゆく様は残酷なようで、あっけなくて笑えるB級さがある。

ただオカルト色が強く、感染というよりも悪魔な存在のゾンビになり過ぎたところが個人的には少し残念。

でもとりあえず真面目路線のRECシリーズでこんな盛大に笑えるとは思わなかった。RECの新領域を見出せた気がする。いつものごとく80分の尺で簡潔に見せる点が爽快だ。

やはり筆者は「REC」ファンなので、普通なら7点B級映画だが、前作から引き継ぐ世界観を体感できたことで、+0.5点おまけして評価したくなるのが心情でした。

*現在製作中の「REC4」でシリーズ完結するそうなので、最後にどういう裏切り方をするか、目が離せないシリーズです。

kojiroh

広告

『REC 2』(2009年、スペイン)―8.5点。 POVの新領域ゾンビホラー


『REC 2』(2009年、スペイン)―85min
監督:ジャウマ・バラゲロ、パコ・プラサ
脚本:ジャウマ・バラゲロ、マヌ・ディアス、パコ・プラサ
出演:ジョナサン・メヨール、オスカル・サンチェス・サフラ、アリエル・カサス、アレハンドロ・カサセカ、パブロ・ロッソ、ペプ・モリナ、マヌエラ・ベラスコ etc

【点数】 ★★★★★★★★☆/ 8.5点

スペイン産のPOVゾンビ映画『REC』に衝撃を受けたので、その続編であるREC2も見ることにした。続編も評判がよかったので期待に胸を膨らませてレンタルショップへ駆け込んで鑑賞。

驚くことに、2年経っているにも関わらず、前作と同じ時系列の続編。前作のエンディングから本作の物語は始まる。ノリのいいロック音楽が響き、前作をそのまま思い出す。


◎あらすじ
人間を凶暴化させる謎の病原菌の感染で多くの犠牲者を出し、完全隔離されたアパート。やがて、そこへ、ある特命を受けた医師とSWATチームが突入し、内部調査を敢行。それぞれヘルメットにCCDカメラを装着し、感染の元凶があると思しき最上階を目指していく。しかし、そんな彼らを待ち受けていたものは、暗闇から現われる感染者たちの絶え間ない襲撃と、逃げ場のない未曾有の生き地獄だった……。(All cinemaより引用)

冒頭からいきなりアパートへ突入。前作のようなじれったく退屈な「静」の序章はなく、いきなり危険なフラグが立ち、絶望へと突き進んでゆく。どこから何が出てくるかわからず、前作以上に露骨な「何か」が暗闇のアパートでライトを頼りに任務を遂行する男たちに迫ってくる緊張感にはドキドキもの。

圧巻なのが、今回のPOVによる縛りをきちんと守りつつも、SWAT隊員個人のカメラを駆使し、POVマルチカムによる迫力ある映像を可能にした部分。さらには充電切れや、カメラの故障など、そうしたカメラの切り替えによって複数の視点を可能にしたことには驚いた。誰かが過去に挑んだかもしれないが、こんな本格的なゾンビホラー映画に導入して完成させたことは、POVホラーの新領域じゃないかと思う。

ちょっとネタバレになるが、まったく違う視点の子供たちのいたずらで進入したりと、前作と違う点はとにかくこの複数の視点だ。POVでは不可能であった多重な角度からストーリーを追うことを可能にした。このアイディアには脱帽。


新キャラの神父が登場し、本作ではアクション性と、さらには宗教的な悪魔祓いのようなオカルトホラー色が強くなっているが、部隊のアパート、そして最上階の不気味さは相変わらず怖い。

さらにネタバレになるが、
ジェニフェールの父親が再登場したり、前作のアンヘラさんも再登場!とりあえず同じ舞台で、前作のキャラが微妙に出てくるので興奮します。そこに何か違和感を感じつつも……そのせいで結末の展開が少し読めたりも……。

まとめると前作以上に迫力あるアクションが見もので、こだわりを増したPOVの手法には拍手。がしかし、オカルトの色が増えてしまい、その辺が感染系ホラーを期待すると少し興ざめ感がある。病原菌によるホラー以上に、とりつかれた系の怖さに変わってしまい、前作のような凶暴化の謎に迫るサスペンス要素がないのだ。

その辺がちょっと残念であるが、作品全体を漂う緊張感と絶望感はやはり圧巻であり、前作以上に手の込んだPOVゾンビ映画であることは間違いない。

kojiroh

『REC』(2007年、スペイン)―9.0点。POVゾンビ映画の最高峰


『REC』(2007年、スペイン)―85min
監督:ジャウマ・バラゲロ、パコ・プラサ
脚本:ジャウマ・バラゲロ、ルイソ・ベルデホ、パコ・プラサ
撮影:パブロ・ロッソ
出演者:マヌエラ・ベラスコ、フェラン・テラッサ、ホルヘ・ヤマン・セラーノ、カルロス・ラサルテ、パブロ・ロッソetc

【点数】 ★★★★★★★★★☆/ 9.0点

『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』と同じく、全編ビデオカメラを用いた主観撮影によるモキュメンタリー作品で、本国スペインでは大ヒットを記録した『REC』。米国でもリメイクされた話題作。

スペインのゾンビ系の映画は珍しいと思いつつも、ロメロの『ダイアリー・オブ・ザ・デッド』は本作の劣化コピーだったんじゃないかと思える。それほどまでにRECの完成度は素晴らしい。


◎あらすじ
ドキュメンタリー番組のため毎晩取材に励むローカルテレビ局のレポーター、アンヘラ。彼女はカメラマンのパブロと共に、その夜は消防士の同行取材を行なっていた。深夜、アパートの住人から“隣に住む老婆の叫びや殺してやるという声を聞いた”との通報が入り、さっそく現場へ向かう。警官たちも駆けつけたそのアパートには、怯える住人たちを横目に朦朧と立つ血まみれの老婆の姿があった。すると突然、彼女は手を差し伸べてきた警官に襲いかかり、消防士たちは重傷を負った警官を運び出そうとするが、警察によって外から封鎖され隔離状態となってしまう。やがてアンヘラたちは、このアパートの住人に未知の病原菌が感染拡散していることを知るのだが……。(Allcinemaより引用)


退屈な取材、何か事件が起きないかと持て余すアンヘラとパブロ……そんな気だるい冒頭がじわじわと狂気を帯びた事件が起き、アパートに監禁されるという異常事態に突如として巻き込まれる。この落差が非常に怖い。


そんなに危機はなく、救援隊も送り込まれるが、また一人、また一人と感染してゆく。さらに感染者はなかなか殺せない。どんどん追い込まれていく。そして詰み。

凶暴化するウイルス、走るゾンビ、『28日後』に影響を受けていることがうかがえるが、POV、モキュメンタリーとしての完成度や設定がすごい。単なるサバイバルホラー映画ではなく、サスペンスとしての面白さがあるのだ。



――一体、何が起きているのか?
この謎がインタビューや、送り込まれた救援隊、さらに最上階へ通じることで次第に明らかになる。映画でははっきりとそれに言及されない部分は多いが、振り返ってみると引っかかるキイとなる言動や情報が提示されていた。

まず、この低所得者層の古いアパート。
謎の病気、たまたまいた医者の見習いのギレム、閉鎖されるが外へ出そうとしない景観。インタビューでの謎。

「何か悪いことが起きると思った」――老夫婦
「訴えてやる。新聞社にそもそもの始まりから終わりまで言ってやる」――ジェニフェルの母

アパートの住人たちも謎だ。高齢者、アジア系の夫婦、売れない俳優、明らかにはされないが、何か表には出してはいけない謎・陰謀が絡んでいたからこそ、彼らは住んでいた。

一番怪しいのが、最上階の鍵からすべての部屋の鍵を保有していた研修医のギレム。恐らく彼は感染の原因になる実験に関わっていた主犯であろう。このアパートに住むにはあまりに不釣合いだし、実質上の管理人だったと考えられる。

とにかく単なるサスペンス的に、このゾンビ化現象への謎が次第に明らかになるヒントが散りばめられている。結局は最後まではっきりないが、何度か見返すと謎が見えてくる部分もある。

「誰も住んでいない」と言われた最上階の部屋。ラストでそこに至ってしまう。怪しい実験、意味深な切り抜き記事。悪魔祓い。宗教。流れるテープレコーダー。

なんだか『死霊のはらわた』であったり、新しい手法ながらも過去のゾンビ映画の名作のツボを押さえていて、それを80分のPOVに凝縮したのは驚異的だと思った。

本作の制作費は150万ユーロ。思ったより安くはない。
よく観ているとその手の込みようが分かる。低予算映画ではなく、あえて臨場感やオリジナリティを求めてこの手法を選んだのであって、途中の停電とライト、最後の赤外線スコープまで至る緊張感、闇に消えゆき幕を閉じるそのオチ付けまでは完璧だと思えた。

パニック映画としても、サスペンスとしても、ゾンビ映画としても陳腐ではない極上の一作。

kojiroh

『ミッドナイト・イン・パリ』(2011年、スペイン=アメリカ)―8.0点。過去へ憧れる普遍的な姿を描いた現代ファンタジー


『ミッドナイト・イン・パリ』(2011年、アメリカ)―94min
監督:ウディ・アレン
脚本:ウディ・アレン
音楽:ステファン・レンベル
出演者:オーウェン・ウィルソン、レイチェル・マクアダムス、キャシー・ベイツ、エイドリアン・ブロディ、カーラ・ブルーニ、マリオン・コティヤール、マイケル・シーン、etc

【点数】 ★★★★★★★★☆☆/ 8.0点
*リアルタイム映画評

今年のアカデミー賞でも脚本賞を受賞し、アレンの過去最大のヒット作になろうとしている話題作『ミッドナイトインパリ』。ウディ・アレンの作品は過去にも『恋するバルセロナ』なども劇場で見て楽しめたこともあり、爽快なノリで愉しませてくれる彼の新作を楽しみにしていた。なので先日、映画が千円である6月1日を利用して、筆者は早速劇場に足を運んだ。


さて、あらすじ。
ハリウッドでの成功を手にした売れっ子脚本家のギルが主人公。脚本の仕事はお金にはなるが、本格的な小説家に転身したいと処女小説の執筆に取り組んでいた彼は、婚約者イネズの父親に便乗して憧れの地パリを訪れ、胸躍らせる。だが婚約者の男友達ポールの出現に興をそがれ、ひとり真夜中のパリを彷徨い始める。するとそこに一台の不思議なクラシック・プジョーが現われ、誘われるままに乗り込み1920年代の世界へトリップしてゆくのだが…。

さて、現在と過去、現実と幻想が交じわうようにして交錯するストーリー。過去にさかのぼったギルが神経質でデリケートな芸術肌な人々の交わす言葉。コミカルだがなかなか本質的なサロンが繰り広げられている憧れの黄金時代へ毎晩タイムスリップしながらも大切なことに気付き、新しい生活が始まる―。まあなんともロマンチックな物語だった。


何気ない散歩のシーンも美しく、『恋するバルセロナ~』からなじみのステファン・レンベルのギターミュージックが物語を爽快に進ませてくれて心地いい。

現代の小説家が過去の芸術家、ヘミングウェイやフィッツジェラルド、ダリなどと交友してゆくというのはあまりに幼稚な設定であるが、そんなファンタジーをちっとも陳腐に描いていないのが本作のすごいところ。

エイドリアン・ブロディも出演していたりと、ともかく出演陣も豪華。
毎度のことながらも女性人の美しさも見どころであり、マリオン・コティヤールもいい味を出している。

そして出会いと恋に溢れる街、パリへの愛だ。
「パリに住む」ということは愚かなミーハー芸術家精神なようで、やはり最後はパリは素晴らしい街であると感じさせられる。そうして時代は繰り返している。

まさに過去の時代の栄光に憧れ続ける現代人の普遍的な姿を、美しいパリの町並みと共にコミカルかつ幻想的に描いた傑作だ。

鑑賞後の率直に、過去の栄光の焼き直しである『アーティスト』よりも本作の方にオスカーを取ってほしかったなと思うばかり。

Kojiroh