『サマリア』(2004年、韓国)―8.5点。純粋で残酷な少女たちの映画


『サマリア』(2004年、韓国)―95min
監督:キム・ギドク
脚本:キム・ギドク
出演者:クァク・チミン、ハン・ヨルム、イ・オル etc

【点数】 ★★★★★★★★☆/ 8.5点

ベルリン映画祭で監督賞を受賞した韓国の鬼才、キム・ギドク。三大映画祭全制覇に最も近い男と評されるギドク監督の代表作であり最高傑作といわれることの多い『サマリア』を鑑賞した。

明らかに低予算・短期間で詰め込みで撮影して、ファイナルカットで監督自身が切り刻んで作りこんだという、なんというか自主制作な雰囲気が満載な一作なのだが、冒頭からボルテージマックスで引き込まれる。この世界観は一体なんなのか――。


◎あらすじ
親友で同級生のチェヨンはヨジンと2人でヨーロッパ旅行に行くためと、いつの頃からか援助交際をするようになっていた。屈託ない笑顔を絶やさず、ためらうことなく男に身体を売るチェヨンに抵抗を感じながらも、彼女が心配なヨジンは見張り役として行動を共にしていた。そんなある時、警官の取締りが入り、それを逃れようとしたチェヨンはホテルの窓から飛び降り、命を絶つ。チェヨンの死で強い自責の念を抱いたヨジンは、罪滅ぼしのために、もういらなくなった金を返すため、チェヨンの援交相手のもとを訪ねて回ることに……。(All cimenaより引用)

この緊張感、映像美、純粋さの残る少女たちが触れる社会の暗部がひどく残酷であるが、引き込まれる。

ギドク監督の無駄な説明を一切省略して、ひたすら物語を進めてゆく手法はなかなかお見事。幻想的とも思えるような美しい映像美を織り交ぜつつ、ジャンプカットのような突発的なカットで物語が進んでゆき、くぎづけになった。

映像のふしぶしに見られる細かいアイディアも面白く、冒頭からアイスクリームを舐めながらラブホテルを監視する少女のシーンは素晴らしい。車、手帳などなど、他にもヘッドホンで娘を起こすシーンと、後々の川の中の車のシーンはよくできている。

『ブレス』でも言えるが、とにかく四季の表現に長けている。韓国の自然も日本と似ていて、山々や川の美しさには惹きつけられる。

そして視点の移り変わりが素晴らしいね。第一部のバスミルダ、第二部のソマリア、第三部のソナタ。少女の視点から、父親の視点へと移ってゆくとは、意表を突かれた。本作は視点が、突拍子なストーリーと共に、何が起こるかわからない緊張感と共に、予想を大きく裏切る展開が提示され、観客を惑わすかのように。

それにしても本作は韓国の闇を大胆にえぐっている。
暴力的で衝動的に殺しをしてしまう男、生き恥を忍んで自殺、そして体を売って旅行代を稼ごうとする少女たち。有名なことだが韓国人は娼婦になる女が少なくない。日本でも大学生が小遣い稼ぎで売春にやってくることも有名。女子高生でさえもネットを使ってこうも簡単に売春してしまう、その暗部に訴えかけてくるものがある。

作家性のある韓国映画というのは商業性がなく、才能ある監督が低予算で自主制作のごとく作られるものなのだなと、『息もできない』にも似た凄みを感じる一作だった。

kojiroh

広告

『ブレス 』(2007年、韓国)―5.0点。美しいがグロテスクな恋物語


『ブレス 』(2007年、韓国)―85min
監督:キム・ギドク
脚本:キム・ギドク
出演者:チャン・チェン、チア、ハ・ジョンウ etc

【点数】 ★★★★★☆☆☆☆☆/ 5.0点

韓国の鬼才・キムギドクがこのたび『ピエタ』でベネチア映画祭グランプリという快挙を成したので、このたび筆者はギドク監督の作品を齧ってみようと適当にレンタル屋で見つけた作品を手にした。


◎あらすじ
死刑囚のチャンは、キリで喉を突いて自殺未遂を図り、声を失った。彼は残されたわずかな時間にまったく未練はなかった。夫と幼い娘と優福に暮らす主婦のヨンは、ある日夫の浮気を知る。まったく悪びれる様子のない夫に怒りを覚えた彼女は、偶然テレビのニュースで知った、死刑囚チャンの自殺未遂に不思議な同情を覚え、彼に会うために刑務所に向かった。チャンの昔の恋人だと偽り面会を果たしたヨンは、次第に彼に惹かれていき…。(Goo映画より)

春夏秋冬。韓国風の季節の移ろいと愛情の揺れ動きが美しくもある。

チャン・チェンはカッコイイ。渋い。同性愛者からもてる理由もよく分かる。

しかし、どうもチアが日本人の感覚からするとブスだと見えてしまう。それはいいんだけども、彼女が彼のために劇をするシーンが、個人的にはかなり寒い。しかもチアがやっても全然可愛らしくなく、なんともいえない気持ち悪さを覚えてしまった。さらに同性愛の男の気持ち悪さと陰湿さも群を抜いている。グロテスクと呼べる。

なんというか芸術性は認められる。独創性も、ゲイの愛の描き方も。さらに監視カメラ越しの映像を眺める謎の監視の視点が入ってくるあたりに、今まだになかったアイディアを感じる。この視点の置き方がなんともいい。

だがしかし、やはり気持ち悪すぎる。シチュエーションもさることながら、人間の愛情と利己的な家庭の描き方も、とにかくえぐい。暴力シーンが激しいわけではないが、残酷で救いようのない映画だ。

『アンチクライスト』の残酷さと救いのなさ、それと『スプリングフィーバー』の同性愛的表現がさらに気持ち悪さを増して描かれるといえば分かりやすいかも。好きな人は好きだとは思うが、賛否両論であろう。残念ながら、わたしは無理だった…。

キム・ギドク監督の才気は感じられるが、あまりにも暗く、グロテスクとも言える愛憎劇はメンタルにこたえる作品にしかならなかった。寡黙で美しく頭に残る映像もあるんだけれど……。

kojiroh

『殺人の追憶』(2003年、韓国)―7.0点。元祖・韓国本場サスペンス


『殺人の追憶』(2003年、韓国)―130min
監督:ポン・ジュノ
脚本:ポン・ジュノ、シム・ソンボ
出演:ソン・ガンホ、キム・サンギョン、パク・ヘイルetc

【点数】 ★★★★★★★☆☆☆/ 7.0点

韓国の巨匠、ポンジュノ監督によるサスペンスの名作と名高い『殺人の追憶』。国際的にも評価が高く、韓国映画の代表的一作である本作を鑑賞。

軍事政権下で比較的治安のよかった80年代に発生し、10人の犠牲者を出した華城連続殺人事件を元に映画化した作品。『チェイサー』にも並ぶ、韓国の秀逸なサスペンスの元祖とも呼べるかもしれない。


◎あらすじ
1986年10月23日、ソウル南部の農村で手足を縛られた若い女性の無惨な変死体が発見される。また数日後には、同様の手口で2人目の犠牲者が出た。さっそく地元の刑事パク・トゥマンら捜査班が出動。だが、懸命な捜査も空しく、一向に有力な手掛かりが掴めず、捜査陣は苛立ちを募らせる。その上パクと、ソウル市警から派遣されたソ・テユン刑事は性格も捜査手法もことごとく対称的で、2人はたびたび衝突してしまう…。(ALLcinemaより引用)

緊張感溢れる捜査線上。
陰湿で暴力的な韓国人を象徴するかのような荒っぽい取調べ。ソンガンホの荒っぽい野暮な醜態がユーモラスにも思えてくる。

警察という権力組織が腐敗していると言える古いやり方と、新しいアメリカ的な知的な刑事の二人で事件を追うことになる。

「アメリカは広いから頭を使う。しかし韓国は狭い。だから足を使う」
捜査の謎を追う以上に、こうした細かい韓国の特性を浮かび上がらせるやり取りが面白い。それは、どこか韓国という国の異常性や問題をえぐっているように思えるのだ。

暴力的で猟奇的な民度、よくも悪くも特徴的な民族で、酒を飲んでは暴れ狂う姿が次第に滑稽にさえ思えてくる。『チェイサー』でも同様のことが言えるが、猟奇的事件を猟奇的に追う主人公たちが何より印象的なのだ。

容疑者は浮上しては消えてゆく……。
分かりそうで分からない犯人、捜査陣が警察という組織の中でもまれて、解決を断念せざるを得なくなり、狂わされる人生。つまり本作は犯人を追っているというよりも、その犯人を追う捜査官自身を追っている。

追われる人間ではなく、追う人間にスポットを照らす。
派手なドンパチやスリルある追いかけっこをするではなく、容疑者が次々と変わってゆくだけで物語は幕を閉じる。

こうしたスタイルは、後にハリウッドの『ゾディアック』に影響しているのではないかと思える。

後味の悪さがいかにも韓国映画らしい。

黄色い麦に囲まれた田舎で呆然とするソンガンホ。
なんだか北野映画の『3-4×10月』での沖縄でたけしが草冠をかぶって遊ぶシーンを思いだすような。畑の中で呆然とする表情がなんとも絵画のような芸術性がある。

映画のテーマ性や構成的にも、韓国風サスペンスの代表作なんだろう。

kojiroh

『猟奇的な彼女』(2001年、韓国) ―7.5点。元祖・韓国流ラブコメディ


『猟奇的な彼女』(2001年、韓国) ―122min
監督・脚本:クァク・ジェヨン
原作:キム・ホシク
出演:チョン・ジヒョン、チャ・テヒョン、キム・インムン、ソン・オクスク、ハン・ジンヒ、キム・イル

【点数】
★★★★★★★☆☆ / 7.5点

世界中でヒットを記録した韓国映画の代表作。ネットでの実話から書籍化された物語を低予算ながらも映画化した秀作。日本でもレンタルでのヒットを記録した名作として語り継がれている。

筆者もずっと前から見ようと思っていたが、どうもラブコメのような映画は趣味ではないのでずっと敬遠していた。しかし韓国映画への理解を深めようと思い、重い腰を上げてレンタルで鑑賞した。

さてあらすじでは、兵役が終わって復学したナンパ大学生キョヌは、ひょんなことから出会った「彼女」と交友を深めることになる。老人に席を譲らなければどつき、援交らしきカップルに文句をつけ、「ぶっ殺されたい?」と罵倒するような乱暴な彼女に振り回されてゆく…。


単純な話なのだが、このような乱暴な女性を主軸に置く物語として最高傑作ではないかと思えた。ドラマみたいな陳腐さがあるが面白い。

おっちょこちょいでドンくさい主人公のキョヌと、乱暴で暴力的な彼女の名コンビっぷりが面白い。最初はなんだかださいなあと思いながら見ていたのだが、笑える展開やドラマチック要素もあり、次第に引き込まれ、チョン・ジヒョンの猟奇っぷり可愛く思えてくる。

また、儒教の発展して年功序列であったり、お堅い親、地下鉄のシーンであったり、韓国ディズニーランド、韓国の文化的特徴を色んな場面から垣間見ることができる点も興味深い。

酒を飲んではすぐにつぶれて暴言を振るう娘の彼女、そして同様の父。飲んだくれで暴力を振るう姿は純粋に笑えるし、そこに韓国人の文化の特徴をも感じることができると思った。


「運命というのは 努力した人に 偶然という橋を架けてくれる」
ドラマっぽい安っぽさもあるのだが、なかなか胸に響くシーンもある。悲劇の多い韓国映画にしては珍しく希望のある内容でもある。最後はネタバレになるので深くは言わないが、近親同士の恋愛や結婚が多い韓国の文化を感じるものだった。

さてその後、本作を原作として日本ではテレビドラマ化、アメリカでもリメイクで映画化されたが。しかしどれも視聴率や面白さもぱっとしないさえない作品になってしまった。それは一重に、「猟奇的な彼女」という存在次第が、韓国以外の国では現実味の薄いドラマになってしまうからではないだろうか。あくまで猟奇的がリアルになるのは国の文化の影響が強い。

その意味で「猟奇的な彼女」は韓国文化を象徴する歴史的な名作であることは間違いないだろう。

Written By kojiroh

『チェイサー』(2008年、韓国) ―8.0点。猟奇的な韓国犯罪サスペンス最高峰

『チェイサー』(2008年、韓国) 125min
監督・脚本:ナ・ホンジン
出演者:キム・ユンソク、ハ・ジョンウ、ソ・ヨンヒ、チョン・インギ、パク・ヒョジュ、キム・ユジョン、ク・ヌボン

【点数】
★★★★★★★★☆ / 8.5点

ディカプリオ主演でリメイクが決定している韓国のサスペンス映画の傑作、実際に起きた猟奇殺人事件にインスパイアされた映画だ。韓国のその手の映画ならばポンジュノ監督の『殺人の追悼』などが有名だが、それ以上に『チェイサー』はリアルタイムでの追跡の緊張感が素晴らしい名作になっていると思う。


あらすじは、デリヘルを経営する元刑事ジュンホの元から相次いで失踪する女たちと、街で多発する連続猟奇殺人事件。ジュンホは、女たちが残した携帯電話の番号から客の一人ヨンミンに辿り着き、そこから女の行方を追及すべく、警察も交えてヨンミンの犯罪を暴こうとするのだが…。

夜の街と風俗ビジネス、陰湿な空気が漂う韓国の町並みで、不気味に迫りくる猟奇殺人、あっけなく犯人が捕まったと思いきや、そこからが始まりであるという斬新な構成で、序盤からぐいぐい引き込まれる。


元警察と警察、犯人の三つ巴の追っかけっこが緊迫した迫力を生む。乱暴な主人公を演じるキムユンハクの怒鳴りっぷりや、下っ端をこき使ったり、しかし最後には人情の熱さを見せる人物像は、朝鮮民族的でありつつも興味を引かれる。


普通の青年にも見えるが、狂気に満ちた殺戮を繰り広げるハ・ジョンウの存在感が不気味だがすごい。風呂場でのハンマーを使った殺戮シーンの生々しさや、熱帯魚の水槽の入れられた生首など、残虐描写を利かせつつも物語を際立たせる効果的な演出が散りばめられている。

この家を探して追跡をするという展開には息を呑む。そこに「チェイサー」の真髄があると言える。

堅苦しい司法制度、暴力的な警察、異常犯罪者による止められない猟奇殺人、韓国社会の問題に否定的なスポットを当てているとも言えるテーマ設定は、『殺人の追悼』とも極めて似ているが、それを元刑事・犯人・警察という3つ巴という斬新なスタイルで描いた非ハリウッド的な本作は、悲劇的で暴力的、猟奇的な人々が織り成す、韓国だからこそと言えるバイオレンス・サスペンスの最高傑作であろう。

Written by kojiroh

『オールドボーイ』(2003年、韓国) ―7.0点。異色の韓流バイオレンス


『オールドボーイ』(2003年、韓国) 120min
監督:パク・チャヌク
脚本;ワン・ジョユン、イム・ジュンヒュン、パク・チャヌク
製作:キム・ドンジュ
出演者:チェ・ミンシク、ユ・ジテ、カン・ヘジョン、チ・デハン

【点数】
★★★★★★★☆☆☆ / 7.0点

第57回カンヌ国際映画祭で審査員特別グランプリを受賞した2003年の韓国映画。パク・チャヌク監督の復讐三部作の第2作が本作『オールドボーイ』。原作は土屋ガロンによる同名の漫画『ルーズ戦記 オールドボーイ』という異色のバイオレンスムービー。日本の原作を軸に、韓国流に作られた話題作だ。

2004年のカンヌ国際映画祭では審査委員長のクエンティン・タランティーノが絶賛し、「できればパルム・ドール(カンヌ国際映画祭の最高賞)を授与したかった」と激励。個人的にこれはタランティーノ趣味で準グランプリにはふさわしくない作品だと思うが、しかしそれでも間違いなく傑作である。

あらすじは、ごく平凡な生活を送っていたオ・デス(チェ・ミンシク)がある日、突然誘拐され、15年間監禁される。開放されたデスが、自分が監禁された理由を解き明かすために奔走するという物語。

単純かつ謎に満ちたストーリーにすぐに引き込まれる。個性溢れる役者、登場人物によって解き明かされるバイオレンス・サスペンス。

二転三転する展開には目が離せず、最後までどう転ぶかわからない。カットにスピードもどこか幻想的、フラッシュバックのような感覚で進む。

チェ・ミンシクの深い顔立ちが鬼気迫る復讐の憎悪を感じさせる。そしてユ・ジテの謎めいた演技、不気味な顔立ちがなかなか緊張感を醸し、カン・ヘジョンの透明感ある存在感もいい。

歯を抜く拷問シーンであったり、舌を切るような残酷な拷問シーンには目を背けたくなるような痛さがある。それでいて痛すぎず美しく描いている点にはさすが。激しいアクションではなく暴力の美を追求しようとしているような映像感覚がこの作風を生み出している。

韓国風の脚色により一級の異色のバイオレンス映画が生まれたと言っても過言ではない。原作は日本のコミックであるが、そこに韓国での兄弟での近親相姦など、韓国の社会を映し出すような風刺がある。

ネタバレになるので深くは言及しないが、韓国風の悲劇的結末、けっして後味のいい映画では決してないが、兄弟や親子、いとこ同士でのタブーとされる恋愛が無数に現実として存在し、恨み深く凶暴な歪んだ韓国という国を映し出す秀作のひとつであることは間違いない。

Written by kojiroh

『息もできない』(2008年、韓国) ― 9.0点。驚愕のシバラマ映画

『息もできない』(2008年、韓国) 130min
監督・脚本・編集・制作:ヤン・イクチュン
出演:ヤン・イクチュン、キム・コッピ、イ・ファン、チョン・マンシク:マンシク、ユン・スンフン:ファンギュ、キム・ヒス、パク・チョンスン、チェ・ヨンミン

【点数】
★★★★★★★★★☆ / 9.0点

世界が絶賛、ヤン・イクチュン監督・主演による長編処女作。低予算で作られた映画とは思えぬ完成度、迫真の演技陣。作品開始の冒頭から、暴力、暴力、暴力と、自主制作ならではの異常なテンションで観るものを圧倒する。

主人公のサンフンは子供の頃の家庭内暴力により、すべてのものを愚弄する凶暴な男として育ち、友人マンシクと始めた取り立て屋として日々を送る。そんなサンフンがある日、女子高生(ヨニ)と出会い、口論をきっかけにお互いに荒んだ家庭環境を持っていることから惹かれてゆく。しかし、知らず知らずのうちにヨニの弟がサイフンの子弟になったとき、運命の歯車が輪廻のごとく狂い始める…。

荒れた家庭に絶望しつつ孤独なサイフンとヨニの純愛ストーリーでもあり、失われた家族の再生の物語でもあり、結局は暴力が暴力を生み、破滅へ向かう悲劇でもある。暴力と家族に迫った胸を打つ物語であった。

「韓国の父親は最低だ。どいつもこいつも家の中じゃ金日成気取りか!」
この監督は韓国の家庭に対して否定的な立場を取ってるように思える。近年、問題視されるような韓国の陰湿な社会情勢を象徴しているかのようだ。監督自信の実体験に基づくコンプレックスをすべてぶつけるような強烈な作風には、ただただ驚愕であった。

「シバラマ(バカ野郎、FUCK YOU)」という韓国語の罵倒が嵐のような暴力とともに鳴り響く。韓国語を知らない筆者でもすっかり頭に残ってしまったほどだ。

「バカヤロー」というセリフだけで映画を作るという行いは、北野武の『その男、凶暴につき』や『ソナチネ』から始まったとも言える。粗野で凶暴な人間を徹底して描き、セリフはバカヤローだらけ。単純な手法であるが、そうすることでも面白く、逆に徹底して暴力的な映画に仕上げることに成功している。北野武同様、まさしく監督と主演の両方を成すヤン監督だからこそできる領分だ。

北野映画のそれにも通じる部分があるが、本作ではそれ以上に気性が激しく怨念深い韓国人の特徴がにじみ出ている、文化的にも興味深い作品だと感じた。

そんな中でも少女との純愛や、姪っ子との愛情が交わされてゆく姿は、不器用ながらも純粋で、葛藤しながら乗り越えてゆく家族の人々の成長には心暖まるものがある。

ドキュメンタリータッチのような低予算な手法で荒々しくも感情豊かに描かれる本作であるが、完成度を越える強い情熱を感じさせられる。資金繰りにも困り、監督自身が映画の中の登場人物のごとく金を借りまくり執念で完成させたという逸話があるのも納得してしまった。

ともかく、まだ若手ながらも監督・脚本・主演・編集をすべてこなしたヤン・イクチュンの才気には脱帽としか言いようがない詩的な情緒もある傑作だった。

最後は涙なしに観られない。

Written by kojiroh