『ゴジラ Final Wars』(2004年、日本)―35点。ギャグとしか思えないゴジラシリーズ最終章


『ゴジラ Final Wars』(2004年、日本)―125min
監督:北村龍平
脚本:三村渉、桐山勲
製作:富山省吾
出演者:松岡昌宏 (TOKIO)、菊川怜、ドン・フライ、水野真紀、北村一輝、ケイン・コスギ、水野久美、佐原健二、船木誠勝、長澤まさみ、大塚ちひろ、泉谷しげる、伊武雅刀、國村隼、宝田明etc
【点数】 ★★★☆☆☆☆☆☆/ 3.5点

日本が世界に誇る怪獣映画「ゴジラ」シリーズの通算28作目にして“最終作”と銘打たれた特撮巨編。「VERSUS」「あずみ」の北村龍平監督を迎え、スピーディなアクションとバトルが繰り広げられる最終章・・・そう宣伝されていて、レンタル屋で手に取った。

『パシフィックリム』の影響でカイジュウ映画を見たくなって最近のゴジラを見ようと手にしたが・・・騙された。。大失敗。もうレビュー書くことがストレス発散レベルで。

2013-10-07_232749
●あらすじ
20XX年。数年前から世界各地で特殊能力を持った超人類=ミュータントが確認されるようになり、地球防衛軍では対怪獣用戦力として彼らを集め、特殊部隊“M機関”を組織した。ある時、北海道沖で巨大怪獣のミイラが引き上げられた。M機関のミュータント兵・尾崎真一と国連から派遣された科学者・音無美雪は共同でミイラの調査にあたる。そんな中、ニューヨーク、パリ、上海、シドニーなど世界中で同時に怪獣たちが出現した。地球防衛軍は全戦力を投入するが、怪獣の圧倒的な力と数の前に防戦一方となり、人々はパニックに陥ってしまう。
<allcinema>

所感、ナニこの安っぽさ。
ハリウッドの大作見た後だとまじで安っぽい。
本作のゴジラはなんか劣化している気がした。

人間の出演陣は松岡とかアイドルから名わき役も揃っていてやたら豪華だが、低予算映画のようなアクションシーンと怪獣。本当に制作費20億かけてんの? ほとんど出演料で消えてるのでは?そう思うぐらいしょぼい。

X星人のマジキチな演技はギャグとして考えると笑えるが・・・

2013-10-07_232002

最初の海外の都市での怪獣発生シーンはよかったが、どんどん安っぽくなる。予算なくなったの? 監督馬鹿なの? 人間シーンが多すぎ。見たいのは怪獣だ!

US版ゴジラとのバトルがよく見るとあるが、さりげない。ギャグにするならもっと徹底すればいいのになと思ったり、、、変なとこに遊びがある。

2013-10-07_232044
2013-10-07_232113

2013-10-07_232525

最大の突込みが、国際的に描いているのに、英語で喋る人物とのやりとりが日本語っていう・・・まじアホなの?どこで自動翻訳されてんの? 英語と日本語でやりとりするぐらいなら外人使うなよ!(苦笑

カネがないなら怪獣もこんなに沢山出てこないでいいし!ミニラとか、もうええわ!www

本作の最大の失敗は、ゴジラを現実的に、国際的な舞台でリアリティを持って描こうとしたにもかかわらず、予算の問題と監督&制作陣の無能のせいで何もかも中途半端で、子供だましのような作品にしか仕上がらなかったことだろう。

音楽も現代っぽい電子ミュージック起用しているが、使い方が陳腐だしチャチ。こんなんなら普通でよかったのに、どうせアクションシーンもたいしたことないんだから、もう言い出すとキリがないが、何もかも中途半端すぎっ!

ただ一点、早稲田大学教授大槻義彦とたま出版の韮澤潤一郎が出演しているシーンがあって、そこは笑えた。もはやギャグだろ、このゴジラ映画。

それにしても久々にこんな邦画クソ映画見た気がする。
125分もあるし。なんかもう、だらだらやりすぎ。
日本人に予算をかけたスペクタクル作らすとゴミしか生まれないのだとよく分かった。そんなゴミみたいな昨今の日本の怪獣映画に我慢できなくて、パシフィックリムのような大傑作が生まれたのかもしれない。

kojiroh

広告

『靖国』(2007年、日本=中国)―3.0点。話題性はあるが、デキの悪いドキュメンタリー


『靖国』(2007年、日本=中国)―123min
監督:李纓
撮影:李纓、堀田泰寛
編集:李纓、大重裕二
出演:刈谷直治、菅原龍憲、高金素梅etc

【点数】 ★★★☆☆☆☆☆☆☆/ 3.0点

靖国神社を取り上げた話題作『靖国』。
釜山国際映画祭で上映されたほか、2008年3月に開催された香港国際映画祭で最優秀ドキュメンタリー賞を受賞。戦後のセンシティブなテーマである靖国を、日本在住19年の中国人監督、李纓(リ・イン)が10年にわたって取材した渾身のドキュメンタリー。


一時期話題になっていたこともあり、テーマ性からも傑作の匂いを感じたので、この夏の終戦記念日に鑑賞に挑んでみるが…。

あらすじとしては、非常に曖昧であるが、
靖国刀(1933年から終戦まで日本刀鍛錬会によって靖国神社で作られていた軍刀)の最後の刀鍛冶職人を追う。それと共に、主に終戦の日を中心とした靖国神社の境内の映像が映し出されている。

さて、靖国刀というような普通の人は知らないような事実に迫っているようで興味深いが……だがあまりに手抜きで長回しが過剰かつ無意味、とにかくテーマ性は面白いが、まったく深い部分まで迫っていないドキュメンタリーだった。

靖国刀の歴史自体は面白いテーマだったが、しかし100人切りの話など、歴史的にそこまで意味話さない内容の気もして、さらに随所に挿入される刈谷さんとの話しも冗長すぎる。

そもそもこの中国人監督の日本語力にも問題があるだろう。


小泉総理、石原慎太郎都知事など、毎年の靖国参拝を追っていったのだろう。しかしそれにても10年かけたとは思えないほど表面的なことしか移されず中身がない。素人レベルで、ちょっとカメラ勉強した人ながら誰でも取れる水準だと思う。

とてもじゃないが、『ゆきゆきて神軍』などの深い緊張感で、写してはいけないものまで写そうとする汗が感じられない。

唯一いいのが、小泉総理の靖国参拝に賛同する日本の若者が、警備員に追い出される場面。これはなかなか迫力がある。

「中国人は帰れ!」と叫ぶおじさんの姿が印象的で、部分的にはいいシーンもある。

個人的に、彼がその後、どうなったか。
それを追って欲しかったのだが……。

他にも国旗をかかげるアメリカ人を追い払うなど、靖国内での外人の振る舞いなどを追ったことは興味深いが、しかし素人でも撮れてしまう程度の表面的なものでしかない。

基本的に、本作は靖国の表面を写して、その上で靖国の存在を戦争大罪だと見なしている。監督の意見はそうだ。

だが結局はそうした意見は一般論ではない。あくまで監督やその周りのごく一部の過激な人々の描写を抜き取っただけで、「反日」的なことを語るにしては説得力がなさ過ぎると思った。

そして最大の酷評要因は、このあまりに冗長な編集にある。
本作ほど表面上な内容と刀鍛冶インタービューだけの映画なら、一時間で十分すぎる内容だ。しかしそれをわけのわからない歴史映像と無駄な長回しであまりにも冗長でいい加減なものにしてしまった。

いい短編ドキュメンタリーには成り得たと思うが、商業的な話題性を求めた点も感じられる残念な長編ドキュメンタリー映画である。

koijroh

『ヘルライド』(2008年、アメリカ)―3.0点。タランティーノ制作の失敗作


『ヘルライド』(2008年、アメリカ)―84min
監督:ラリー・ビショップ
脚本:ラリー・ビショップ
製作総指揮:ボブ・ワインスタイン、ハーヴェイ・ワインスタイン、クエンティン・タランティーノ
出演:ラリー・ビショップ、マイケル・マドセン 、エリック・バルフォー、デニス・ホッパーetc
【点数】 ★★★☆☆☆☆☆☆☆/ 3.0点

制作総指揮クエンティンタランティーノ!
出演、マイケル・マドセン&デニスホッパー!

この二つのキャッチコピーのトレイラーを見て、即効見たくなってビデオ屋へダッシュした一本。イージーライダーとレザボアドッグスの融合か!と期待したくなる内容であったので胸を高まらせて鑑賞したのだが…。

さて、あらすじであるが、
バイカー・チームの「ヴィクターズ」は、対抗するチーム「シックス・シックス・シックス」によって仲間の一人を殺された。ピストレロ、ジェント、コマンチの3人は、「シックス」への復讐を開始する…。

オープニングのバイクシーン。
そしてバイクとビールとビッチという3つのBをのりのいい音楽と共にクールにかつお色気も交えつつ復讐系バイオレンスムービーを展開してゆく。

自分好みな一流B級映画かと期待してたんだが、これが衝撃的なほとがっかりな作品だった。てかストーリーのグダグダさがハンパなくて逆にびっくりであった。

バイカーたちがバイオレンスとお色気シーンを繰り広げるシーンはクールではあるのだが、しかしこりゃ酷いほどグダグダで興ざめしてしまう。もう見れば分かるけど素人すぎる作りじゃないかね。

まあしかし、それでもマイケル・マドセンがバイクに乗ってる姿はカッコイイので、バイク好きな人がネタで見るぐらいならいいかもしれないが、わざわざ見る価値がないほど完成度が低いグダグダ映画だった。

しかしトレイラーだけ見るとクールで傑作―、なんだよなー笑 なので予告編に騙されました。期待していた分だけ落胆の大きい映画になってしまった。

こんだけいいエッセンスを揃えておいてここまでダメ映画にするとは…、恐るべし。
ラリー・ビショップくんはもう映画撮っちゃいけませんね。

Kojiroh