『ブレス 』(2007年、韓国)―5.0点。美しいがグロテスクな恋物語


『ブレス 』(2007年、韓国)―85min
監督:キム・ギドク
脚本:キム・ギドク
出演者:チャン・チェン、チア、ハ・ジョンウ etc

【点数】 ★★★★★☆☆☆☆☆/ 5.0点

韓国の鬼才・キムギドクがこのたび『ピエタ』でベネチア映画祭グランプリという快挙を成したので、このたび筆者はギドク監督の作品を齧ってみようと適当にレンタル屋で見つけた作品を手にした。


◎あらすじ
死刑囚のチャンは、キリで喉を突いて自殺未遂を図り、声を失った。彼は残されたわずかな時間にまったく未練はなかった。夫と幼い娘と優福に暮らす主婦のヨンは、ある日夫の浮気を知る。まったく悪びれる様子のない夫に怒りを覚えた彼女は、偶然テレビのニュースで知った、死刑囚チャンの自殺未遂に不思議な同情を覚え、彼に会うために刑務所に向かった。チャンの昔の恋人だと偽り面会を果たしたヨンは、次第に彼に惹かれていき…。(Goo映画より)

春夏秋冬。韓国風の季節の移ろいと愛情の揺れ動きが美しくもある。

チャン・チェンはカッコイイ。渋い。同性愛者からもてる理由もよく分かる。

しかし、どうもチアが日本人の感覚からするとブスだと見えてしまう。それはいいんだけども、彼女が彼のために劇をするシーンが、個人的にはかなり寒い。しかもチアがやっても全然可愛らしくなく、なんともいえない気持ち悪さを覚えてしまった。さらに同性愛の男の気持ち悪さと陰湿さも群を抜いている。グロテスクと呼べる。

なんというか芸術性は認められる。独創性も、ゲイの愛の描き方も。さらに監視カメラ越しの映像を眺める謎の監視の視点が入ってくるあたりに、今まだになかったアイディアを感じる。この視点の置き方がなんともいい。

だがしかし、やはり気持ち悪すぎる。シチュエーションもさることながら、人間の愛情と利己的な家庭の描き方も、とにかくえぐい。暴力シーンが激しいわけではないが、残酷で救いようのない映画だ。

『アンチクライスト』の残酷さと救いのなさ、それと『スプリングフィーバー』の同性愛的表現がさらに気持ち悪さを増して描かれるといえば分かりやすいかも。好きな人は好きだとは思うが、賛否両論であろう。残念ながら、わたしは無理だった…。

キム・ギドク監督の才気は感じられるが、あまりにも暗く、グロテスクとも言える愛憎劇はメンタルにこたえる作品にしかならなかった。寡黙で美しく頭に残る映像もあるんだけれど……。

kojiroh

広告

『宇宙戦争』(2005年、アメリカ)―5.5点。SFクソ映画の金字塔


『宇宙戦争』(2005年、アメリカ)―116min
監督:スティーヴン・スピルバーグ
脚本:ジョシュ・フリードマン、デヴィッド・コープ
原作:H・G・ウェルズ
出演:トム・クルーズ、ダコタ・ファニング、ジャスティン・チャットウィンetc

【点数】 ★★★★★☆☆☆☆/ 5.5点

H・G・ウェルズによる同名SF小説『宇宙戦争』を原作としたスティーヴン・スピルバーグ監督のSF大作。トム・クルーズ出演。豪華キャストに100億以上の制作費。

これは傑作に違いないと思いつつもB級映画の匂いがぷんぷんする。
クソ映画好きな人も絶賛する人が多い王道の本作を、遂に筆者はレンタルで鑑賞。


◎あらすじ
アメリカ東部のニュージャージーに暮らすレイは労働者階級のごく平凡な男。別れた妻との間には息子のロビーと娘レイチェルがいた。だが子どもたちとの面会の日、その異変は何の前触れもなく唐突に訪れる。晴天だった空が突如不気味な黒い雲に覆われると、激しい稲光が地上に達し、地面に巨大な穴を空ける。すると地中で何者かが激しくうごめき始め、町が次々と破壊され、人々がパニックに陥る。そんな中、レイは子どもたちのもとへ駆けつけ、彼らを守るため懸命に奔走する…。
(Allcinemaより引用)


宇宙人が登場してあっという間に廃墟になる街。
とりあえず宇宙人も最強すぎて逃げ惑う人々。
しまいにはジャンボジェットも落ちる。さすが100億以上かけているだけのことはあり、クソでも盛大に金を使っていることが伺えるので見応えはあります。

CGでのエイリアンの描かれ方もスタイリッシュさがありよい。
だがそれ以上にパニックになった人々の愚かな姿を描いたことが、本作の一番面白い部分だろう。


危機が迫り、周りの人を押しのけて車で家族を連れて逃亡し始める自己中心的な父のトムクルーズの奔走にはなんだか笑える。人がめちゃくちゃ死んでゆくが、グロテスクにも思える要素もあるのだが、大作にしてはシリアスとユーモアの方向性が微妙で、グダグダにも思える。

「大阪ではもう何体も倒したらしい」
この挿入がツボだった。シリアスなSFである反面、ギャグ要素もあるような。それでいて真面目にやっている。

困難な危機に見舞われた中で、平凡な労働者を主人公にした家族の絆を描く。いかにも娯楽大作、商業的な映画でスピルバーグらしい大衆性。

まったくもって心に残らない映画だが、なんだかこの微妙なテンションがツボっちゃツボかもしれない。

それにしても息子はどうやって生き延びることができたのか……。幕切れも微妙であるが、その微妙な温度感がマニアの心をくすぐるのかもしれない。

うーん、やはり深堀するような中身はなく、これ以上書くこともないかなと思うようなタイプのクソ映画だが、確かに一見の価値はある。

kojiroh

『パラノーマル・アクティビティ』(2007年、イタリア=アメリカ)―5.0点。135万を90億にしたアイディア映画だが…


『パラノーマル・アクティビティ』(2007年、イタリア=アメリカ)―86min
監督:オーレン・ペリ
脚本:オーレン・ペリ
出演者:ケイティー・フェザーストン、ミカ・スロート、マーク・フレドリックス etc

【点数】 ★★★★★☆☆☆☆☆ / 5.0点

――全米No.1大ヒット、スピルバーグが「これ以上の映画を作ることはできない」とリメイク化を諦めた超話題作

こんなコピーを見て心が揺れた。
予告編に煽られて、「これは見るしかないだろ!」との面持ちで挑んだ話題の実験的映画『パラノーマル・アクティビティ』。

約135万円で制作され、限定12館、しかもレイトショー公開でスタートした作品が公開5週目にして全米1位を獲得し、翌週には遂に興収1億円ドル(約96億超)を突破した超常ムービー。こんな話題を耳にすると見ないわけには行かないという気分になる。

一体、どんな映画なのか…。

◎あらすじ
同棲中のカップル、ミカとケイティーは夜な夜な怪奇音に悩まされていた。その正体を暴くべくミカは高性能ハンディーカメラを購入、昼間の生活風景や夜の寝室を撮影することにした。そこに記録されていたものとは…。(Wikiより引用)

まあ…、アイディア勝ちの作品でした。
想像した以上に、いや、煽られた以上に面白くない。
ブレアウィッチなど元祖のフェイクドキュメンタリーの手法、モキュメンタリーのやり方で、自分たちに起きている異変を探るためにカメラを設置し、それを21日間続ける。ただそれだけ。

申し訳ないが、最後のシーンに至るまでがぐだぐだにしか思えず、見るのが若干苦痛であった。

さらにこの同棲カップルが、デイトレーダーと大学生という設定であることがなんだか興味深いがよくわからない。どうして二人が繋がったのか気になる。女のケイティはそんなに可愛くないし、個人的な感情としては太りすぎでイライラする。(デブ専の人にはいいのかも?)

ヒロインが『REC』みたいに美人ならまだ少しは追いたくなったのだが、ケイティじゃねえ……「早く死んでいいよ」というのがぶっちゃけ本音です(笑

それにしても、なんでこの映画はリメイク諦めたのか?
スピルバーグなら全然再現できそうな気がするが、ともかく挑戦心と低予算でココまでの映画を作れて、さらにヒットを飛ばした点は賞賛したいが、純粋に一時間半の尺で楽しんでみる映画としてはかなり退屈でつまらない部類に入ると思う。

その意味で、このレベルの映画でヒットさせた実験性やマーケティングとか、そういう点を評価すべきなのかもしれない。

アイディア一つで135万を90億にしたのは偉大な業績だとは思う。低予算でアイディア勝負で映画を作りたいと思っている人は必見の一本であろう。

kojiroh

『奇跡』(2011年、日本)―5.0点。普通の人々による退屈な希望


『奇跡』(2011年、日本)―128min
監督:是枝裕和
脚本&編集:是枝裕和
音楽:くるり
出演者:前田航基、前田旺志郎、大塚寧々、オダギリジョー、夏川結衣、阿部寛、長澤まさみ etc

【点数】 ★★★★★☆☆☆☆☆ / 5.0点

『誰も知らない』『空気人形』など国際映画祭でも評価が名高い是枝監督による、JRをスポンサーにして風情ある九州と離れ離れになった一風変わった家族の姿を描く。


◎あらすじ
小学6年生の航一と小学4年生の龍之介は仲の良い兄弟。しかし両親が離婚してしまい、それぞれの親に引き取られた2人は鹿児島と福岡で離ればなれに暮らしていた。ある日、九州新幹線の一番列車がすれ違う瞬間を目撃すれば願いが叶うという噂を耳にした航一。再び家族4人の絆を取り戻したいと願う彼は、友だちや周囲の大人たちを巻き込みながら、奇跡を起こすための無謀な計画を進めていくのだが…。(Allcinemaより引用)

まえだまえだのコンビネーションが映画でも冴えている。
素朴な庶民の田舎での暮らしっぷりは一つのみどころ。

オダギリジョーや阿部寛などの普通では主役級の俳優が脇に回って九州なまりの言葉づかいで存在感を発揮しているあたりは思わずニヤリ。

しかし個人的な趣味趣向の問題もあるが、純粋な子供たちを主人公としたあまり感情輸入できない。

不安定な両親の下でたくましく生きる姿と九州の自然美には風情もあり癒し要素ありだが、それが個人的にはあまりにも平凡で退屈。そもそもこの主人公たちは2時間のドラマにするほど特異でもなければ困難な壁がない。

「奇跡」を望むほど不幸な子供でもなければ必然性もない。
普通の人々の冒険というのは実に退屈な刺激であった。

デキがいい映画ではあるのだが、この題材で二時間引っ張るような刺激的な中身を求めた僕が場違いな観客であったのかもしれないが…。

kojiroh

『エクスペンタブルズ』(2010年、アメリカ)―5.0点。豪華なスタローン集大成クソ映画


『エクスペンタブルズ』(2010年、アメリカ)―103min
監督:シルヴェスター・スタローン
脚本:デイヴ・カラーハン、シルヴェスター・スタローン
出演者:シルベスター・スタローン、 ジェイソン・ステイサム、ジェット・リー、ドルフ・ラングレン、エリック・ロバーツ、ミッキー・ローク、ブルース・ウィリス、アーノルド・シュワルツェネッガーetc

【点数】 ★★★★★★☆☆☆☆☆ / 5.0点

スタローン監督&主演で、全米で初登場1位を獲得してヒットを飛ばした話題作が本作。豪華キャストとスタローンの自作自演によるB級クソ映画臭がぷんぷんするこの作品に遂に手を出してしまった。

さて、あらすじは、
バニー・ロス率いる精鋭傭兵部隊・エクスペンダブルズは自らを消耗品と名乗り、その名を轟かせる最強無敵の軍団。凶悪なソマリアの武装海賊に拉致された人質を鮮やかに救出した彼らの次なる任務は、南米のヴィレーナという島国の軍事独裁政権を破壊させることだった。しかし、その依頼には危険と巨大な陰謀が待ち構えているのだった…。


よくありがちなストーリーライン。
無敵の集団が巨大な陰謀が潜む任務に手を出すことになり、手を引こうとするが、現地で出会った少女の思いに惹かれて危険な道を自ら選ぶ。

陳腐なストーリーに、スタローン流の激しい演出、アクション。
豪華キャストが大暴れするかのごとくアホほど無敵の軍団の「絶対に死なない」というベタベタな設定で敵を殺しまくる。

ランボーとかでもいつもそうだが、特にこのエクスペンタブルズはとにかくもうほんとにみんな無敵すぎだろww と突っ込みたくなる。というより筋肉ムキムキで動きも鈍くなってきているであろうスタローンがなぜあんなに最強なのかいつも不思議でしょうがない。まあ、それは突っ込んではいけないのだが、ジェットリーの小柄を利用した軽快なアクションも冴えていたり、もはや笑えるアクション大作に仕上がっていた。

大物がさりげなく脇役として存在感を発揮しているシーンなど、みどころはなかなか。

政治家を目指すアーノルド・シュワルツネッガーや、CIAの諜報員を演じるブルース・ウィルスなど、スタローンのこれまでのキャリアがあってこその映画だなと誇らしくも思えてくる。

まさにドリーム・チーム。
大ヒットしたので恐らくエクスペンタブルズ2も登場するだろう。
しかしこの手の映画は次作の劣化がかなり確定濃厚なので、一発屋で終わった方が幸せかもしれないなと徒然に思う。

Written by kojiroh

『ラストデイズ』(2005年、アメリカ) ―5.5点。カート・コバーンオマージュの映像作品

『ラストデイズ』(2005年、アメリカ) 97min
監督・脚本・編集:ガス・ヴァン・サント
出演者:マイケル・ピット、ルーカス・ハース、アーシア・アルジェント、ニコール・ヴィシャス、スコット・グリーン、ハーモニー・コリン、キム・ゴードン

【点数】
★★★★★☆☆☆☆ / 5.5点

90年代の伝説のバンド・ニルバーナ。
そのバンドで、27歳の若さででショットガン自殺したフロントマン、カート・コバーンの実話に基づいたオマージュのような作品。

さて、カートコバーンをカリスマ視して進行している筆者としては、この映像化は非常に喜ばしいことだった。しかも監督はカンヌ映画祭グランプリの『エレファント』の巨匠、ガス・ヴァン・サント。

アメリカの映像作家のニューウェーブともいえるサント監督の一作であるということで、期待を高めていた。

さて物語は、あるロックミュージシャンの死の直前の2日間が舞台。カート・コバーンではないミュージシャン・ブレイクという設定で、若いミュージシャンからも信仰されているが、彼は内面に深い悩みを抱え、森の中をさまよい続ける…。


容姿的にも完全にカートになりきっているマイケル・ピットには驚きがある。そっくりにもほどがある、というかカートの魂が降りているんじゃないかと思うほど、表情であったり、欝っぽい神経質な雰囲気がいい。自作している曲を引っさげているので、彼の音楽世界に触れるには見ごたえがある。

だがストーリーはあるようでないような、ゴダール的なもの。台詞もほとんどなく、ひたすら精神世界をさまようような後ろ姿を追うサント監督特有の長回しのシーンの連続。

(相変わらず絶妙なアングルでの後ろ姿シーンが雰囲気を醸し出しているのだが)

他にも朝食のシリアルをキッチンで食べ漁るようなシーンも印象的だが、どのシーン一つとっても長回しが多く、タルコフスキー的な映像。美しいシーンが多いが、難解な映画になってしまっている。印象的な絵は多いのだが…。

結論、物語はあるようでない完全なる雰囲気映画。
もはや映像作品というかPVなんじゃないかとも思えるような内容である。

有名な実話に基づいているにも関わらず、主演がなりきっているにも関わらず、こんなに映像作品のような映画にしてしまっては、どうも釣り合わない。特に実話には真実があるわけでもなく、カートファンにしては何も目新しい真実もない。

ストーリーに展開があったりすればまた違ったのだが、または実は暗殺されたというような陰謀の話にしてしまえばもっと観客は楽しめたのかもしれないが、カートっぽいポスターに騙されて見に行ったファンがあまりにも可愛そうな映画であったことは誰の目にも明らかな一作だ。

Written by kojiroh

『モンガに散る』(2008年、台湾) ―5.0点、台湾黒社会・ほろ苦い青春物語

『モンガに散る』(2008年、台湾)141min
監督・脚本・編集:ニウ・チェンザー
出演:イーサン・ルアン、マーク・チャオ、マー・ルーロン、リディアン・ヴォーン、クー・ジャーヤン

【点数】
★★★★★☆☆☆☆☆ / 5.0点

台湾で年度No.1を記録し、数々の快挙を成し遂げ、社会現象を巻き起こした話題作、ということで期待を持って見た一作が『モンガに散る』だ。若手監督、ニウ・チェンザーによる台湾の黒社会に生きる若者達の友情と絆、そして待ち受ける哀しい運命―、を描いた大作だ。

舞台は1986年、台北一の歓楽街・モンガに越してきた高校生の“モスキート”(マークチャオ)は、校内の争いをきっかけに、モンガ一帯の権力を握る、廟口(ヨウカウ)組の親分の一人息子“ドラゴン”と“モンク”(イーサン・ルアン)に気に入られ、彼らが率いるグループの5人目として迎えられる。「指は5本そろって拳になる」と、最初は極道の世界に戸惑いつつも、モンガの街で青春を謳歌していくのだが、5人の若者はモンガと大陸の激動に飲まれてゆく…。

さて、台湾の1986年の歴史を描いたような作品であり、一大叙事詩とも呼べる。香港の黒社会とはまた違ったハードボイルドさがあり、非情ながらも人情あふれる物語になっている。テンポもよく、台湾の町並みや夜の街、または台湾特有の幽玄な山々での修行舞台などが美しく描かれていて、台湾黒社会がどういうものがわかる。

構成もしっかりしていて楽しめるよくできた作品ではある。主演のイーサン・ルアンの演技も渋い。

しかし、どうも主役のモスキート演じるマークチャオに感情輸入できなかった。彼はキャラ的にもビジュアル的にも、なんか愚鈍でどんくさい。個人的な感情の問題なのだが、映画を見ていて、彼の立ち居地にイライラしてしまったのである。

仲間に連れられて売春宿で童貞を捨てた女性への想いなども、なんだか青臭くて、やたらとそうしたシーンの回しがくどくて、面白い作品なのだがイライラ不快になってしまう場面があり、どうも個人的にはこの作品の世界に入りこめなかた。

決して悪い作品ではないのだが、僕の性には合わなかったかな。黒社会の若造の青臭い話よりも、香港ノワールのようなハードボイルドさに惹かれる筆者としては、ということでした。

Written by kojiroh